不動産売却は、査定をしてもらい納得しから売却をしよう

住宅に関する疑問は知識を身につけ解決しよう

払えなくなった場合

住宅ローンが支払えなくなった場合

任意売却とは、債務超過状態の不動産を売却することである。 通常、不動産を売却するには、債務(ここでは住宅ローン)の返済が終了しているのが条件である。 住宅ローン融資を利用して不動産を購入した場合、金融機関は融資の担保として購入した不動産に抵当権を設定する。 また、固定資産税などの滞納が続くと、役所はその所有者の不動産差押えの不動産登記を行う。 不動産を売却するにはその金融業者の抵当権や、役所の差押えを解除する必要があるのだが、何らかの理由で住宅ローンの支払いが困難となり、住宅ローンを滞納し始めた場合や、住宅ローン金額が資産価格を大きく上回って、支払いし続けることに意味がなくなった時などに、債務者は債権者に申請をし、合意を得ることで不動産を売却することができる。

任意売却で得られるメリット

それでは任意売却によるメリットとはどのようなものなのだろうか。 簡単に言うと、債務者は残債務が減り、債権者は残債務の回収率が高まる、というメリットが発生する。 対して強制的に不動産が第三者の所有となる競売では、裁判所任せで手間がかからないメリットがあるが、近隣住民に知られるために、個人情報面や精神的苦痛といったデメリットが生まれてしまう。 また、競売の場合は落札されるまでの期間が長く、落札価格も市場相場価格の6〜7割程度に留まるが、任意売却ならば一般市場価格で債権者の判断にゆだねることができる。 基本的に任意売却は債権者と債務者との交渉で決着がつくので、その交渉が煩わしいと感じる人は、無料や専門の相談窓口を利用するといいだろう。